歯に与える影響とは | 歯の黄ばみにホワイトニングLAVI~薬用ちゅらトゥースで歯が綺麗に!

alt_02

歯に与える影響とは

ホワイトニングしたいけれど、歯がもろくなったりするのが心配、時折そんな声を耳にします。施術を受けることで、本当に歯が溶けたり、削れたりといったことがあるのでしょうか。ホワイトニングが歯に与える影響について考えてみましょう。

なぜ歯が白くなるのか
ホワイトニングの主な成分は過酸化水素と過酸化尿素です。これに熱を加えると酸素と水に分解し、その酸素が歯の色素と結びつくことで、歯の色を白くさせるのです。いかがですか、酸素と水、この言葉を見れば全く身体に安全なものであるということが、お分かりいただけることでしょう。分解された酸素が色素と結びつくわけですから、歯の成分が変化するとか、歯の構造が変わるということは一切ありません。つまり、ホワイトニングをすることで歯自体がもろくなったり、削れたりするということは一切ないのです。安心して、施術を受けましょう。

時には歯が沁みることも
しかし、安全なホワイトニングですが時には歯がしみたり、痛みが出たりする場合もあります。歯には固いエナメル質の下に、柔らかい象牙質と神経があります。人によってはこのエナメル質にクラックがあったり、部分的に薄くなっていたりする場合があります。そうしますと、薬剤が象牙質まで届き、下の神経を刺激して痛みやしみを覚えることがあるのです。
しかし、それによって虫歯になる、というわけではなく、あくまで一過性のものですので、安心してください。

歯に与えるデメリットはないの?!
ホワイトニングの安全性と信頼性は理解いただけたかと思いますが、その上でデメリットも知っておいてください。
ホワイトニングをすると、一時的に歯が弱く、着色されやすい状態になります。歯科クリニックで施術を受けた後に、「今から〇〇時間はコーヒーやお茶、カレーなんかは口にしないでくださいね」と注意を受けた方も多いのではないでしょうか。これは、薬剤の主成分である過酸化水素の働きで、歯の表面のカルシウムが一時的に溶けて、表面が凸凹するためです。「やっぱり、溶けるんじゃない!?」なんて、慌てないでくださいね。私たちの歯は、食事をする度に同じようにほんの少し、溶けているのですから。しかし、時間と共に唾液などの働きで再び修復されます。ホワイトニングも同じなのです。12時間から24時間で、歯はちゃんと元の状態に戻ります。ですから、ホワイトニングによる歯への影響は一時的なもので、ダメージを残すようなものではありません。

安全性や信頼性について、まだまだその認識が浸透しているとは言えないホワイトニング、これからよりいっそう人々から支持されていくことで、理解が深まっていくことでしょう。美しいものは、健康でもあるのです。

TOP