医療費控除について | 歯の黄ばみにホワイトニングLAVI~薬用ちゅらトゥースで歯が綺麗に!

alt_02

医療費控除について

歯を白くしたいと考えた場合に有効な治療が、審美歯科で行われているホワイトニングです。
歯科の治療であれば、健康保険が適用されるのではと考える人もいますが、健康保険は適用外となります。

見た目を良くする治療

健康保険というのは、病気の治療等に適用されるものです。
ホワイトニングは、見た目を良くする為の治療で、美容目的となり、健康保険の適用外となります。
ですから、治療費は全額自己負担となります。
全額自己負担と聞くととても高いというイメージを持つ人も多いでしょう。
ですが、保険が適用される治療とは違い、点数が決まっている訳ではない為、その治療費は審美歯科がそれぞれ設定する事になります。
ですから、高額になる事もあれば、意外と安くなる事もあります。

医療費控除とは

医療費控除とは、年間に10万円以上の医療費を使った場合に受ける事が出来る控除です。
確定申告をすれば、税金の一部が戻ってくる事になります。
歯の治療の中でもインプラントやセラミッククラウンによる治療等は、見た目にもこだわった治療の為、健康保険が適用されません。
ですが、医療費控除の対象にはなる為、確定申告をする事で、税金の一部が戻ってくる事になります。
ホワイトニングもこの医療費控除の対象になるのではないかと考える人は少なくありません。
ですが、インプラントやセラミッククラウンは歯の治療を兼ねているのに対し、ホワイトニングは見た目を改善する為だけの治療の為、医療費控除の対象にもなりません。

お得なキャンペーン

ホワイトニングは健康保険が適用されないだけでなく、医療費控除の対象にもなりません。
その為、ただ高い治療というイメージを持つ人は少なくありません。
ですが、審美歯科によっては初回はとてもお得な料金で受ける事が出来る、手頃な価格で治療を試す事が出来る等、とてもお得なキャンペーンが行われている事も多くあります。
ですから、病気の治療のように保険の適用、税金の控除等の対象にはなりませんが、審美歯科の選び方によっては、意外とお得に治療を受けられるようになっている事も少なくありません。
お得に治療を受けたいと考えるのであれば、まずはしっかりとした情報収集をしておく事がおすすめです。

ホワイトニングの治療というのは、美容目的の治療となる為、医療費控除の対象にはなりません。
ただ、審美歯科によってはお得に治療を受ける事が出来るようになっている事も少なくありません。

TOP