差し歯について | 歯の黄ばみにホワイトニングLAVI~薬用ちゅらトゥースで歯が綺麗に!

alt_02

差し歯について

葉を白くする為に有効な治療がホワイトニングです。
自然な白さから、輝くような白さまで、理想の白さへと変えていく事が出来る事で人気となっていますが、変える事が出来るのは本物の歯の色のみです。

効果がある歯は

ホワイトニングとは、歯についた汚れを取り除く事で、本来の歯の白さを取り戻していくという施術です。
この施術は、本物の歯には有効ですが、差し歯には効果がありません。
その為、差し歯をしている人の場合は、その歯だけ、違う色になってしまうという状態になります。
笑った時等に見える範囲の歯がすべて本物の歯であれば、すべての歯を同じような白さへと変えていく事ができます。
ですが、そこに人工の歯があれば、その歯だけ色が違う状態になるという事を覚えておく事が重要になってきます。

色を揃える為には

差し歯をしていても、ホワイトニングをしたいと考える人もいるでしょう。
その場合、本物の歯をホワイトニングした後、マニキュア等を使って人工の歯の色を合わせていくという方法を選ぶ事が一般的です。
それにより、統一感のある状態を作れます。
先にホワイトニングをした後に差し歯を作る事を考えているのであれば、白くした本物の歯の色に合わせて歯を作る事で、統一感を出していく事ができます。
ですから、人工の歯の色を調整する事で、全体的な色合いを整えていく事は可能です。

歯は汚れていくもの

ホワイトニングをしても、歯というのは使っている間に、徐々に汚れ、また色がついていく事になります。
すべて本物の歯の場合、同じように色が変わっていく為、1本だけが色が違う状態になってしまう等、不自然な状態になるという事はありません。
ですが、そこにマニキュアで本来の歯よりも白くした状態の人工の歯があれば、その歯だけ、違うペースで色が変わっていく事になります。
その為、多少、不自然な状態になってしまう事があります。
本物の歯の方を、定期的に白くしていく、歯の状態に合わせて、マニキュアをしていく等、出来る対策をしていく事で、違和感のない状態を保つ事ができますが、多少手間がかかる事になります。
ですから、差し歯をしている人の場合、よく考えた上で治療を受ける事がおすすめです。

歯を白くするホワイトニングの治療で効果があるのは、本物の歯のみです。
ですから、差し歯をしている場合は、色を合わせていかなければ不自然になってしまう事になります。
そして、治療後も調整をしていく事が重要になってきます。

TOP