治療は歯を削る? | 歯の黄ばみにホワイトニングLAVI~薬用ちゅらトゥースで歯が綺麗に!

alt_02

治療は歯を削る?

歯を白くするホワイトニングの治療は歯を削る?そんなイメージを持つ人は少なくありません。
ですが、削る事なく、白くて綺麗な歯へと変えていく事が出来ます

白い歯にする為には

歯を白くしたいと考えたら、歯の表面を削ったり溶かしたりする必要があるというイメージを持つ人は少なくありません。
その為、ホワイトニングの治療を受けると、歯に悪い影響があるのではないかと考えてしまう人がいます。
ですが、この治療は薬剤とレーザーや光によって、歯についた汚れを落とし、歯が本来持つ白さを引き出していく治療です。
汚れを落とす時に、歯の表面を削ってしまったり溶かしてしまったりする事はありません。
ですから、歯に悪い影響を与える事なく、安心して治療を受ける事が出来るようになっています

削る等のイメージがあるのは

ホワイトニングの治療に歯を削る、歯を溶かすというイメージがある原因の一つが、治療の際の痛みです。
治療で使う薬剤は、歯を削ったり溶かしたりする事はありませんが、歯のエナメル質の状態によっては、歯の内側まで浸透し、薬剤によって痛みを感じる事があります。
一時的なもので、歯に影響はないものですが、それでも痛いと感じる人は少なくない為、歯に悪い影響があるのではないかと考えてしまう人もいます。
ですが、痛みがあるからといって、歯に悪い訳ではないので、安心して治療を受ける事が出来ます。

痛みが不安な人は

ホワイトニングの治療に興味があっても、痛みを感じる可能性があるのであれば、治療を受けたくないという人もいるでしょう。
ですが、治療の技術は向上しており、現在は痛みを殆ど感じない治療を行う審美歯科も増えてきています。
ですから、痛みが不安という人は、痛みが少ない治療を行う審美歯科を選ぶ事がおすすめです。
ただ、全く痛みを感じる事がないかといえば、個人差がある事が殆どです。
痛みを感じる事なく、白い歯になるという人もいれば、少し痛みを感じてしまう可能性というのは残ります。
ですが、従来の治療法に比べて、痛みが少ない状態で治療を受ける事が出来るようになっている為、痛みに対して不安を感じる人であれば、痛みが少ない治療法を採用しているかどうかを確認した上で、審美歯科を選ぶ事がおすすめです。

ホワイトニングの治療は歯を削ったり溶かしたりする事はありません。
ですが、治療の際には痛みを感じる事もあります。
痛みが苦手な場合は、事前に治療法を確認した上で、審美歯科を選ぶ事がおすすめです。

TOP