ケアと差し歯 | 歯の黄ばみにホワイトニングLAVI~薬用ちゅらトゥースで歯が綺麗に!

alt_02

ケアと差し歯

天然の自分のはであれば問題はなくても、差し歯だと歯医者さんで、ホワイトニングができないと断られることがあります。しかし種類によっては、歯を白くする治療ができるパターンもあります。

歯のホワイトニングのパターンは2つの種類
一つのやり方としては、歯の表面を薬剤で溶かして、歯の内側を漂白していく方法です。あと1つは溶かすという方法ではなく、付着をした汚れを分解することで、本来の歯のカラーに戻す方法です。後者の方は新しいケアのスタイルであり、この方法でありましたら、今まではできないと言われていた差し歯のホワイトニングの治療も、可能ということになります。だから、どのような種類のケアをするかで、天然歯以外でも白くできるかどうかが決まってくるのです。歯の色は目立たないと思うかもしれませんが、口を開いて会話をしますし、笑顔ではは見えますので、歯を白く保つことは大事なことです。

既に着色された歯の色
従来の歯医者さんでのホワイトニングは、歯を溶かして漂白をするパターンであり、黄色い歯の状態を白くしていきます。もとの差し歯のカラーは、真っ白というわけではないです。白い色に着色がされていて、そこからはもっと白くする漂白というのは、できることではありません。天然歯だけに薬剤を塗ることになるので、ホームケアではそのような高レベルなことができないので、多くの歯医者さんではやらないほうがいいという回答です。

差し歯の黄色も落とせるホワイトニングケア
お手入れで汚れを分解する機能を持っているホワイトニングでありましたら、使っているうちに差し歯に沈着をしてしまった色や汚れを、除去することができますので、本来の歯の色を取り戻すことができます。ホワイトニング溶液は、差し歯を傷つけたりしない成分を含有するものを付くことで、差し歯にはダメージはないですし、そこを避けて治療をする必要もありません。天然歯よりも表面には、簡単にステインがつきやすいのも特徴です。永久歯でればペリクルの薄い膜が、歯の表面の存在をしているので、酸の存在から歯を守ることができます。ついでに、歯に色がつくのも守ります。普段からの白い歯のケアはすごく大事ですし、定期的なデンタルクリニックでのクリーニングやケアも、やっておく必要があります。

差し歯のホワイトニングは、従来の考えではできないことになっています。しかしホワイトニングの方法によっては、差し歯でもケアは不可能で貼りません。

TOP