個人輸入 | 歯の黄ばみにホワイトニングLAVI~薬用ちゅらトゥースで歯が綺麗に!

alt_02

個人輸入

歯を白くしたいのを目的として、ホワイトニングを個人輸入する方法もあります。この場合はすべてが、自分自身の責任になるので、慎重な判断をする必要があります。

ホワイトニングの個人輸入
歯を白くするために薬剤を個人輸入するとなったら、全て自分の責任になりますので、その点を考えて購入をすることです。日本国内での商品よりも、海外商品の方が種類が豊富であったり、金額が安いなど、歯を白くしたい人には利点も多いものです。アメリカ製などの海外の製品は、効果が高いものも多いので、早く歯を白くしたい人には、こうした個人輸入で海外商品を、安く手に入れる方法もいいでしょう。

ホワイトニング前には虫歯を治そう
セルフでの歯のホワイトニングをするのであれば、口腔内を健康な状態にしておく必要があります。歯科検診などはずっと受けていないとか、虫歯になった時にしか歯医者にはいかないなど、歯の健康管理とは縁遠くなっている人は、歯を白くする前に、歯の現状を知ることから始めなければなりません。セルフで歯を白くするケアをスタートするときに、歯に虫歯や不具合があると、良い結果にはならないからです。口腔内の正確なチェックは、歯科医でなければできないものです。もしも虫歯があったままで、セルフで歯を白くするケアをしたら、かなり染みることになりますし、痛みを通常よりも感じやすくなってしまいます。だからエルフで歯のケアをするにしても、まずは歯医者さんへ行って、歯の健康状態を確認してもらうことです。もしも虫歯などがあったら、最初に虫歯治療からやりましょう。

ホワイトニングは気長にケア
セルフでの場合は、とにかく気長に歯を白くしようと考えて、長い目で見てケアをしましょう。デンタルクリニックでしたら、1時間くらいで白くてツルツルな状態になるとしても、セルフでの歯のケアでは時間が必要になります。1日に2時間ほどはマウスピースをして、歯の漂白剤のような液体を付けるのですから、毎日の根気とやる気、そして継続の賜物ということになります。専用のマウスピースは、歯医者さんで自分用を作ってもらう必要があります。歯の形状は人それぞれ、全く異なるので自分用が必要です。

ホワイトニング剤の個人輸入は、全て自己責任であることを、念頭においておきましょう。セルフでの歯のホワイトニングは、即効性はないものです。しかし毎日セルフで、コツコツと白い歯のケアを続けることができます。

TOP