矯正中にできるの!? | 歯の黄ばみにホワイトニングLAVI~薬用ちゅらトゥースで歯が綺麗に!

alt_02

矯正中にできるの!?

美しく輝く白い粒そろいの歯、やはり顔の印象を決める口元の2大ポイントは、歯の色と歯並びですね。そこで気になるのが、はたして歯列矯正中にホワイトニングすることはできるのか、ということでしょう。歯列矯正もしたいけれど、白い歯もあきらめたくはない、そんな方におすすめなのが、これからご紹介する方法です。

矯正法が決め手
矯正と一口に言いますが、矯正にも様々な方法があります。最もポピュラーな方法は、金属のブラケットを歯の表側から装着するものです。が、ハッキリ言ってこの方法では矯正中にホワイトニングをするのは、難しいでしょう。と言いますのも、ブラケットをしっかりと装着しているので、どうしてもその部分には薬剤が働かず、歯の色がまだらになってしまうからです。それでは矯正中にホワイトニングすることができないの!? と嘆かれているそこのあなた、あきらめるのはまだ早いです。そこで登場するのが、マウスピースによる矯正法なのです。

歯ブラシで、あるいは歯磨き粉で
このマウスピースによる矯正でしたら、一日決められた以上の時間装着すれば、自由に取り外しが可能です。ですから、食事をした後に自分で取り外して、歯のケアをすることができるのです。そこでおすすめなのが、ホワイトニング効果の期待できる歯磨き粉や歯ブラシを使ったケアです。ハイドロキシンアパタイト、シリカ、PEG-600など、歯の汚れや黄ばみを落とす働きのある成分が配合されているものを選びましょう。
また、歯ブラシも汚れを落とす消しゴム機能がある、ホワイトニング用歯ブラシがあります。これらのアイテムを上手に使って、矯正中の歯を白く保ちましょう。

ジェルでホームホワイトニング
歯磨き粉も歯ブラシもいいけれど、でも元々黄色っぽい歯の色を白くすることはできないじゃない、と思われるかもしれません。ご安心ください。マウスピース矯正でしたら、本格的なホームホワイトニングも可能です。マウスピースにホワイトニング用ジェルを塗り、そのままお口に装着すればOKです。毎日マウスピースを取り外して歯をケアするたびにジェルを塗れば、歯並びを整えながら歯の色まで白くできるという、まさに一石二鳥の矯正法なのです。忙しい方がホワイトニングするには、むしろ便利な方法と言えるのではないでしょうか。

透明なマウスピースを外したら、白く輝く美しい歯並みが待っている、もう矯正中だからと言ってホワイトニングをあきらめる必要はありません。色と歯並び、どちらも同時に手に入れて、魅力的な口元を実現しましょう

TOP