自分でできる消しゴム | 歯の黄ばみにホワイトニングLAVI~薬用ちゅらトゥースで歯が綺麗に!

alt_02

自分でできる消しゴム

歯が真っ白いほうがさわやかな印象になりますし、憧れませんか。今では、歯のホワイトニング専用グッズが多数販売されています。つまり、歯科医院に行かなくても、自分の力で歯を白くすることができるというわけです。コツコツと続けていけば、きっと歯が真っ白くなるでしょう。どのようなグッズを使えば良いのかを考えてみませんか。

なぜ歯の色が白くないのか
白いように見えても、よく見てみると少し黄ばんだような色をしている人が多いのではないでしょうか。真っ白い歯の人は、それほど多くはないはずです。
では、どうして歯が白くないのかというと、歯の表面に汚れが付着していることが考えられます。コーヒーなどを飲むと歯にステインが付着してしまいますし、たばこを吸えばヤニが付着します。これらの汚れは簡単には落とせませんので、徐々に蓄積されてしまい、歯が黄ばんだような色になってしまうのです。

ホワイトニング歯磨き粉
今、使っている歯磨き粉を変えることで、歯を白くすることができます。いろいろなメーカーからホワイトニング歯磨き粉がたくさん販売されています。
やはり、歯の表面に付着しているステインやヤニなどを除去する力が強いことが特徴です。これらの汚れを取り除くことで、かなり歯の色が変わってくるでしょう。普通の歯磨き粉よりも少し割高なことは多いですが、独特の成分が入っているので、試してみるのも良いでしょう。

歯の消しゴムを使おう
歯を白くするための消しゴムがあります。普通の消しゴムとは形が違い、歯の表面についた汚れが取れやすい形状になっています。歯磨き粉と同じ売り場にあるのでチェックしてみませんか。
使い方は、歯と消しゴムの水気を取ってから汚れを取りたい場所に使います。最後に口をゆすいでください。使い続けるうちに、消しゴムが汚れてきますので、汚れた部分を切り取ってください。そうすると、なくなるまで使い続けることができます。
歯を白くしたいからといって、使いすぎないように気を付けてください。使いすぎてしまうと、かえって歯が黄ばんでしまうことがあるので、適度に使うようにしましょう。

全部の歯を白くしたいなら歯磨き粉も良いでしょう。しかし、部分的であったり、より効果的な方法でホワイトニングしたいのならば、歯の消しゴムを使ってみてください。今では、取扱店も多くなりましたし、通販でも購入できます。歯磨きのように消しゴムを使う習慣をつけると良いかもしれません。

TOP