自分で行うセルフ | 歯の黄ばみにホワイトニングLAVI~薬用ちゅらトゥースで歯が綺麗に!

alt_02

自分で行うセルフ

歯を白くしたいと思ったら、審美歯科などでのケアを、デンタルクリニックで受けることができます。歯科衛生士などの対応で処置してもらうと、歯はピカピカになりますが、自費であるために費用が高いです。自分で行うセルフのホワイトニングであれば、大幅に低価格で白い歯のケアができます

自分で行うセルフホワイトニング
審美歯科やデンタルサロンで、歯科衛生士やスタッフが対応をするのではなく、歯を白くするケアを本人で行うことのできる、セルフホワイトニング専門店を、現代では利用することができます。まるでネイルやメイクをするような、とても気軽な感覚で、歯を白くするケアに挑戦することができます。セルフホワイトニングは、オフィスのタイプよりも、ずっと痛みは少ないものです。費用面もかなり安いですので、歯を白くしたいときに、気軽な来店でケアをすることができます。

セルフホワイトニングは低価格
審美歯科などで歯を白くするケアを、デンタルクリニックへ行って下もらった場合、軽く数万円は費用がかかります。虫歯治療などとは違い、歯の美容を高めるケアであるため、いつもみたいに保険証を提示しても適用にはならず、全て自己負担だからです。費用が高いと歯を白くしたくても、継続は少し大変になってきます。しかしセルフでのホワイトニングであれば費用は一気に低価格になります。1回で数万円もかかることはなく、およそ5千円前後という低価格で、歯を白くすることができます。回数券を用意しているサロンなどでは、もっとお得になって、1回あたり3千円位でケアできるチャンスもあります。

ナチュラルな白さも特徴
契約時に回数を限定しているものではなく、毎回の1回ごとでのケアができるので、デンタルクリニックへ通うことに縛られる心配がありません。本人のペースに合わせながら、好きな時に通って、希望の歯の白さを目指していくことができるので、とても融通の利く歯のケアができます。使用するための溶剤に関しては、スキンケアコスメや食品類にも利用をされている、無機化合物などで作られているものです。安全な波長域のLEDライトを使用するなど、セルフであっても安全で、安心のホワイトニングのお手入れを実践することが可能です。

仕上がりは本人の希望を求めることが出来るので、違和感を感じさせないナチュラルな白さを実現します。セルフのホワイトニングに通うのであれば、本人の都合に合わせることが出来るので、月に1回くらいのメンテナンスでいいでしょう。

TOP